小川研究室


Notice: Undefined index: Hpost_portfolio_template_no_anchor in /home/webpark2011/www/wp-content/plugins/breadcrumb-navxt/class.bcn_breadcrumb_trail.php on line 498

Notice: Undefined index: bpost_portfolio_hierarchy_display in /home/webpark2011/www/wp-content/plugins/breadcrumb-navxt/class.bcn_breadcrumb_trail.php on line 317

Notice: Undefined index: bpost_portfolio_archive_display in /home/webpark2011/www/wp-content/plugins/breadcrumb-navxt/class.bcn_breadcrumb_trail.php on line 882

Notice: Undefined index: apost_portfolio_root in /home/webpark2011/www/wp-content/plugins/breadcrumb-navxt/class.bcn_breadcrumb_trail.php on line 1028
小川研究室

核融合エネルギー工学講座

核融合学、核融合炉設計

小川 雄一教授

OGAWA, Yuichi

小川研究室

Message

人類恒久のエネルギー源である核融合炉の実現を目指しています

研究室紹介

「地上の星 ―ミニ太陽―」をキャッチフレーズとして、核融合開発に長年取り組んでいます。核融合炉心は数億度のプラズマ(電子と原子核が自由に運動している固体・液体・気体に続く物質の第4の状態)から構成されています。まさに太陽などの恒星は、このプラズマ状態であり、核融合反応による膨大なエネルギーを放出しています。太陽フレアのダイナミックスをみてもわかるように、プラズマの制御は容易ではありません。これを地上で実現すべく日夜努力しています。
トカマク、ヘリカル、逆磁場ピンチ、そして最近では内部導体方式によるトーラスプラズマ閉じ込め研究を進めてきましたが、最近は近年長足の進歩を遂げているAI技術を導入するなどして、国際プロジェクトとして推進されている国際熱核融合実験炉ITERや核融合の本格的な発電を目指した原型炉を対象とした研究を精力的に進めています。

教員経歴

1972年3月埼玉県立浦和高校卒業
1976年3月東京大学工学部原子力工学科卒業
1981年3月東京大学大学院工学系研究科原子力工学専攻博士課程修了・工学博士
1981年6月名古屋大学プラズマ研究所助手
1989年5月核融合科学研究所助手(改組による)
1991年9月東京大学工学部原子力工学科助教授
1999年4月東京大学大学院工学系研究科教授
1999年5月東京大学高温プラズマ研究センター教授
2003年4月東京大学高温プラズマ研究センター長(2008年3月まで)
2008年4月東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、現在に至る

2011年7月~2013年6月:プラズマ・核融合学会会長
2015年3月~:文部科学省核融合科学技術委員会主査
2010年4月~:IFRC(International Fusion Research Council)日本委員